サナータナ・ラクシュミー2016

ヒンドゥー教の女神をモチーフとした壁掛け作品です。ラクシュミーは繁栄と美の女神でヴィシュヌ神の妻でもあります。ラクシュミーは8種類の化身として表される事があるのですが、その内のお一人、”SANTHANA”=”子孫”のラクシュミーを作りました。

子孫繁栄を象徴する女神様なので、卵を抱いた姿で表現しました。